「専門サービス 」を表示中

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2020年01月16日(木)

    ★アメリカでのお仕事探しはクイックUSAにお任せください!

    アメリカ転職・就職エージェンシーのQUICK USA, Inc.です。

    このページを訪れてくれたあなたは、きっと、アメリカで「お仕事を探している」、「転職を考えている」、「将来お仕事をしたい」など、「アメリカでの転職」や「アメリカでの就職」にご興味のある方でしょう。

    アメリカで働くことを実現するためには就労ビザ等いくつかの障害を乗り越えて、ステップ・バイ・ステップで進めていかなければなりません。

    「誰に相談したらよいのか?」「どこで仕事を見つけたらよいのか?」。アメリカでの仕事探しには、日本とは違う面がたくさんあって、わからないことだらけですね。

    QUICK USA, Inc.は、時にはマラソンの伴走者のように。また時にはチームを引っ張る監督のように。アメリカでの「転職・就職」というゴールを確実なものとするために、プロの立場から求職者の皆様をサポートしています。

    あなたにとって「働く」とはどういう意味があるでしょうか?お金を稼ぐこと以外にもきっと意味があるはずです。そんなところからまずはお話しをはじめてみませんか?


    楽しそうに仕事をしている人は、内面から輝いているように見えます。私達は一人でも多くの方に、笑顔とハッピーをお届けしたいと考えています。


    -------------------------------------------
    アメリカでの転職・就職を無料でサポート!
    -------------------------------------------

    経験豊富で誠実なリクルーティングコンサルタントがあなたのアメリカでのお仕事探しをお手伝いさせていただきます。マンツーマンでじっくりとお話を伺い、お一人ひとりにあった働き方やポジションをご紹介しています。お仕事が始まるまで、また場合によってはお仕事が始まってからもしっかりとサポートいたします。

    詳細は→www.919usa.com

    最新の求人情報→www.919usa.com


    --------------------------------------------
    ご登録から就職までの流れ
    --------------------------------------------

    「米国での転職」、「米国での就職」をお考えであれば、クイックUSAのHPからまずは「無料登録」をしましょう。ニューヨーク、ロサンゼルスはもとより全米の求人をご紹介しています。ご希望やキャリアを活かせるアメリカでの求人を無料でご紹介しています。アメリカで活躍したいという、みなさまのお気持ちに応えられるよう、最大限のお手伝いをしています。またサービスは、登録から入社に至るまで、ご登録者の費用はありません。一切無料のサービスです!!


    ☆☆STEP 1 : ホームページより登録無料☆☆
    新規に、弊社のサービスにご登録頂く場合、ウェブサイト(www.919usa.com)のホームページの「ご登録」のボタンよりオンライン登録をお願いいたします。ご登録の際には英文の履歴書が必要となります。ワードまたはPDFファイルの英文履歴書をご用意ください。

    ※E-mailで英文履歴書をお送りいただくエクスプレス登録もありますので、忙しい方など是非ご利用ください。
    E-mail:quick@919usa.com
    英文の履歴書を添付ファイルにてお送りください。折り返しご連絡させていただきます。


    ☆☆STEP 2 : カウンセリング☆☆
    ご希望の方に対して、あらゆる業種や職種に精通したリクルーティングコンサルタントが
    客観的なキャリア診断や履歴書作成へのアドバイスなどをご提供します。


    ☆☆STEP 3 : 求人情報の提供☆☆
    数多くの求人情報の中から、カウンセリングを通じてお聞きしたご経験やご希望を考えながら、適性やニーズに最も合った仕事をご紹介。求人市場の動向をいち早く知ることができます。


    ☆☆STEP 4 : 企業へのご推薦・企業との面接☆☆
    企業や求人内容を十分にご説明し、皆様の応募意志を確認したうえで、企業に対して皆様をご推薦します。複数企業への同時応募も可能。面接の調整も、責任を持って代行します。


    ☆☆STEP 5 : 内定・入社☆☆
    面接の結果をお知らせします。
    採用条件や入社日などの詳細についても、ご意向を受けて、調整を行います。入社後もしっかりとフォロー。どんなことでもご相談ください。


    ------------------------------------------------------
    採用をご検討中の企業様へ
    -----------------------------------------------------
    アメリカで採用をお考えなら、是非弊社にご連絡ください。組織の成長や活性を目的とした⼈材の確保、効果的で効率的な⼈事戦略が、ますます重要な時代となっています。真に必要な⼈材を、必要な時に最⼤限活⽤していただくために、クイックUSAは、多様化した事業や組織体系に対応する柔軟なヒューマンリソース・ソリューションを提供しております。常に信頼できるプロフェッショナルな「社外⼈事部」として、事業⽬標達成のお役に⽴つことをお約束します。

    -------------------------------------------------
    QUICK USA , Inc.について
    -------------------------------------------------
    QUICK USA, Inc.は日本の株式会社クイック(コード番号:4318 東証第一部)の米国法人です。クイックグループの一員として、人と企業を結ぶ事業に取り組み、総合人材サービスを米国にて提供しています。「関わった⼈全てをハッピーに」の経営理念に基づき、「⼈材と情報ビジネスを通じて社会 に貢献する」を事業理念として、⼈材紹介・⼈材派遣をはじめとする⼈材サービス事業を展開しています。グローバルな視点で⼈材ネットワークを構築し、登録者の皆様には頼りになるリクルーティング・コンサルタントとして、
    企業の⼈事担当の皆様には、プロフェッショナルな⼈事戦略パートナーとして、誠実に、確実に、ニーズにお応えしていきます。

    QUICK USA, Inc.
    www.919usa.com
    www.919usanews.com
    8 West 38th Street, Suite 802,
    New York, NY 10018
    Phone: 212-692-0850
    Fax: 212-692-0853
    E-mail: quick@919usa.com

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2020年01月16日(木)

    海外で働く夢あきらめていませんか?ビザサポートのある「メキシコ求人」をご紹介します。

    アメリカ転職・就職エージェンシーのQUICK USA, Inc.です。

    アメリカでは近年就労ビザの審査がとても厳しくなっています。

    アメリカで働きたいけれど、ビザの問題が。。。。とお悩みの方に朗報です!




    昨今、メキシコで働く日本人の数が増加しています。

    理由はメキシコは日本企業の進出ブームだからです。進出企業は年々増加しています。

    2015年にはトヨタ自動車がメキシコに新工場設立を決めたことでも話題となりましたが、

    現在は、なんと1200社以上もの日系企業がメキシコに進出しています。



    メキシコで働くといっても、ピンとこない方が多いかもしれませんが、

    日系企業の進出にともない現在メキシコでは日本人の採用にとても熱心な企業が数多くあります。



    でも、メキシコで働きたいと思っても住んだことのない国で働くには不安や疑問がたくさんありますよね。

    クイックUSAの関連会社のQUICK GLOBAL MEXICO, S.A. DE C.V.社はそんな皆様の疑問や質問に、

    現地からメキシコでの転職、就職のサポートをしています。

    現地のことは、やはり現地に住む人に聞かなければわからないことがたくさんあります。



    クイックUSAのブログサイト「ハタラク」では、

    クイック・グローバル・メキシコ社から日英バイリンガルの求人情報をご紹介させていただいています。

    スペイン語ができなくても大丈夫な求人を集めて特集を組んでいます。

    興味のある方は是非ご一読ください。



    メキシコの最新求人の記事は下記のリンクよりご覧いただけます。


    https://www.919usanews.com/posting/mexico-jobs/






    -------------------------------------------
    メキシコの求人探しもクイックUSAにお任せください。
    -------------------------------------------


    メキシコの求人にご質問のある方、QUICK USAに是非ご連絡ください。


    特定の求人にご応募を希望される方は求人番号、フルネーム(ふりがな)、


    現住所、E-mailアドレス、電話番号を明記の上、E-mailにて下記までご連絡ください。


    折り返し、ご連絡させていただきます。



    Emial連絡先:quick@919usa.com (QUICK USA, Inc.)


    ※メキシコでの転職についての一般的なご質問にもお答えしています。
    お気軽にご連絡ください。




    QUICK USA, Inc.

    www.919usa.com

    www.919usanews.com

    8 West 38th Street, Suite 802,
    New York, NY 10018

    Phone: 212-692-0850

    Fax: 212-692-0853

    E-mail: quick@919usa.com

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2020年01月15日(水)

    グリーンカードの申請・面接などで困っていませんか?Roger Algase, Attorney at Lawにお任せください。

    グリーンカードの申請・面接は、Roger Algase, Attorney at Lawにお任せください。

    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    ■グリーンカード申請は一人で背負うと大変
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    グリーンカード申請に必要な書類は多く、全てをご自身で行おうとすると大変な労力と時間がかかります。
    特に最近では追加書類を要求されることが多く、英語に不安のある方や
    専門知識が少ない方には難しいプロセスになってしまっています。

    そこで、移民弁護士として35年以上もの経験を持つ、私たち専門家にお任せください。
    あなたのグリーンカード申請を、迅速にそして正確にサポートいたします。

    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    ■面接時も弁護士がいると安心
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    不安になりがちな面接ですが、Roger Algase, Attorney at Lawでは面接時の同行をおこなっております。

    面接に弁護士がいる時といない時では、面接官の質問や態度が全く異なります。
    弁護士がいないことで、面接官が非常識な質問をしてくるケースもあります。

    また、弁護士を通していないと面接後何の連絡もないままで、
    グリーンカードがいつ届くか教えてもらえないこともあります。

    グリーンカードが届くまでの間、不安をずっと抱えるのは大変です。
    経験豊富な私たちにお任せください。

    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    ◆ロジャーアルゲイズ弁護士
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    ハーバード法科大学院卒業。
    移民弁護士として活躍し35年以上の経験を持つ。
    日本にも何度か訪問したことがあり、日本人のクライアントも多い。
    簡単な日本語であれば理解ができ分かりやすい英語で話すため 日本人からも好評。

    ────────────────────
    【お問い合わせ先】
    お電話 212-724-5643:お気軽に「さとこ」まで日本語でご連絡ください。

    または黄色の電話帳のマークをクリックして、
    [お問い合わせフォーム]よりご連絡ください。
    ────────────────────

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2020年01月04日(土)

    ビザステータスにかかわらず合法的に収入を!!

    F1ビザでキャッシュバイト以外できないと悩んでおられる方や駐在員ビザだから副業が禁止されていると窮屈な思いをされている方、是非ご相談ください。

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2020年01月03日(金)

    アメリカでの仕事探し、アメリカ生活の楽しみ方、最新記事ご紹介!

    こんにちは!


    アメリカ転職・就職エージェンシーのQUICK USA, Inc.です。


    クイックUSAが運営する「ハタラク」のブログサイト(https://www.919usanews.com/)では、


    アメリカで生活する上で、役に立つ情報を発信しています。例えば下記のような情報です。



    ◎アメリカでの求人情報
    https://www.919usanews.com/joblists/


    ◎アメリカでの仕事の探し方
    https://www.919usanews.com/posting/america-syushoku-tenshoku/


    ◎レジュメの書き方
    https://www.919usanews.com/posting/resume-point-trend-ng/


    ◎採用面接での心得
    https://www.919usanews.com/posting/jobinterview-tips/


    ◎スキルアップセミナーご案内
    https://www.919usanews.com/posting/excel-2020/


    ◎アメリカでの週末での楽しみ方
    https://www.919usanews.com/posting/macys-holidaywindow/


    まだまだ他にも役立つ記事がたくさんあります!!
    是非、ご覧ください。

    www.919usanews.com





    -----------------------------------------------------------------
    クイックUSAでは、アメリカでの転職・就職を無料でサポートしています!
    -----------------------------------------------------------------

    経験豊富で誠実なリクルーティングコンサルタントがあなたのアメリカでのお仕事探しをお手伝いさせていただきます。マンツーマンでじっくりとお話を伺い、お一人ひとりにあった働き方やポジションをご紹介しています。お仕事が始まるまで、また場合によってはお仕事が始まってからもしっかりとサポートいたします。

    詳細は→www.919usa.com

    最新の求人情報→www.919usa.com


    --------------------------------------------
    ご登録から就職までの流れ
    --------------------------------------------

    「米国での転職」、「米国での就職」をお考えであれば、クイックUSAのHPからまずは「無料登録」をしましょう。ニューヨーク、ロサンゼルスはもとより全米の求人をご紹介しています。ご希望やキャリアを活かせるアメリカでの求人を無料でご紹介しています。アメリカで活躍したいという、みなさまのお気持ちに応えられるよう、最大限のお手伝いをしています。またサービスは、登録から入社に至るまで、ご登録者の費用はありません。一切無料のサービスです!!


    ☆☆STEP 1 : ホームページより登録無料☆☆
    新規に、弊社のサービスにご登録頂く場合、ウェブサイト(www.919usa.com)のホームページの「ご登録」のボタンよりオンライン登録をお願いいたします。ご登録の際には英文の履歴書が必要となります。ワードまたはPDFファイルの英文履歴書をご用意ください。

    ※E-mailで英文履歴書をお送りいただくエクスプレス登録もありますので、忙しい方など是非ご利用ください。
    E-mail:quick@919usa.com
    英文の履歴書を添付ファイルにてお送りください。折り返しご連絡させていただきます。


    ☆☆STEP 2 : カウンセリング☆☆
    ご希望の方に対して、あらゆる業種や職種に精通したリクルーティングコンサルタントが
    客観的なキャリア診断や履歴書作成へのアドバイスなどをご提供します。


    ☆☆STEP 3 : 求人情報の提供☆☆
    数多くの求人情報の中から、カウンセリングを通じてお聞きしたご経験やご希望を考えながら、適性やニーズに最も合った仕事をご紹介。求人市場の動向をいち早く知ることができます。


    ☆☆STEP 4 : 企業へのご推薦・企業との面接☆☆
    企業や求人内容を十分にご説明し、皆様の応募意志を確認したうえで、企業に対して皆様をご推薦します。複数企業への同時応募も可能。面接の調整も、責任を持って代行します。


    ☆☆STEP 5 : 内定・入社☆☆
    面接の結果をお知らせします。
    採用条件や入社日などの詳細についても、ご意向を受けて、調整を行います。入社後もしっかりとフォロー。どんなことでもご相談ください。


    ------------------------------------------------------
    採用をご検討中の企業様へ
    -----------------------------------------------------
    アメリカで採用をお考えなら、是非弊社にご連絡ください。組織の成長や活性を目的とした⼈材の確保、効果的で効率的な⼈事戦略が、ますます重要な時代となっています。真に必要な⼈材を、必要な時に最⼤限活⽤していただくために、クイックUSAは、多様化した事業や組織体系に対応する柔軟なヒューマンリソース・ソリューションを提供しております。常に信頼できるプロフェッショナルな「社外⼈事部」として、事業⽬標達成のお役に⽴つことをお約束します。

    -------------------------------------------------
    QUICK USA , Inc.について
    -------------------------------------------------
    QUICK USA, Inc.は日本の株式会社クイック(コード番号:4318 東証第一部)の米国法人です。クイックグループの一員として、人と企業を結ぶ事業に取り組み、総合人材サービスを米国にて提供しています。「関わった⼈全てをハッピーに」の経営理念に基づき、「⼈材と情報ビジネスを通じて社会 に貢献する」を事業理念として、⼈材紹介・⼈材派遣をはじめとする⼈材サービス事業を展開しています。グローバルな視点で⼈材ネットワークを構築し、登録者の皆様には頼りになるリクルーティング・コンサルタントとして、
    企業の⼈事担当の皆様には、プロフェッショナルな⼈事戦略パートナーとして、誠実に、確実に、ニーズにお応えしていきます。

    QUICK USA, Inc.
    www.919usa.com
    www.919usanews.com
    8 West 38th Street, Suite 802,
    New York, NY 10018
    Phone: 212-692-0850
    Fax: 212-692-0853
    E-mail: quick@919usa.com

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2019年12月27日(金)

    J1 ビザ保有者(研究者、教授職)の税務及びタックスリターンについてご存じですか?

    交流訪問者プログラムの J ビザは、教育、芸術、科学の分野における人材、知識、技術の交流を促進するためのビザです。
    プログラムの主目的が研修や技術の向上であるため、J ビザ保有者には他のビザにはない様々なタックスメリットが付与されております。
    その反面、アメリカの確定申告(タックスリターン)においては様々な例外処理が要求され、複雑な手続きが必要になる場合がございます。


    ■J1 VISAのタックスメリットとは?
    - 教育期間や研究期間からもらう報酬にかかるFederal Taxが2年間免除
    - Social Security Taxが2年間免除
    - Medicare Taxが2年間免除

    J1ビザの一番のメリットとして、ビザの目的に沿うような教育又は研究から生じた報酬に対してFederal Taxと呼ばれる所得税が2年間免除になる点があげられます。
    Federal Taxは一般に所得税の中で最も大きな部分を占めるため、このメリットは非常に大きいです。
    もし自分の給与明細上Federal Taxが控除されている場合は、早急に学校・研究所等の雇用主にお問い合わせ下さい。
    また、日本の社会保険に相当するSocial Security TaxとMedicare Taxも2年間免除となります。
    通常報酬額の7.65%をこの2つのTaxにより支払う必要があるため、こちらもJ1ビザの方にとって大きな特別待遇と言えます。

    なお、最初の2年間とは、J1 として入国後2年分のタックスリターンの期間を指し、例えば渡米が2018年12月20日だった場合、2018年が1年目、2019年が2年目となり、2020年は免除期間外となります。



    ■確定申告は必要か?
    米国源泉所得がある場合、原則としてその金額の多寡にかかわらず確定申告が必要になります。
    日本では年末調整という制度があるため、給与所得者の場合限られた方のみ確定申告を行いますが、アメリカでは全ての所得者が確定申告をする必要がございます。



    ■確定申告って何をするの?
    J1 ビザ保有者は、年間の滞在日数に拘わらず最初の2年間は税務上非居住者とみなされます。
    従い、非居住者としての確定申告書類である「Form 1040NR」という申告書を4月15日までにIRSへ提出する義務があります(消印有効)。
    また、滞在日数に拘わらず非居住者として扱われるExempt Individualに該当するため、その報告書類である「 Form 8843」を提出することが義務付けられております。

    確定申告は、延長申請をすることにより6カ月の延長が可能ですが、税金の支払いの延長はないため、追加で納税が必要な場合は4月15日までに納付が完了していないと利子が加算されます。

    なお、3年目以降は、居住者としての確定申告書類である「Form 1040」という申告書を提出します。



    ■確定申告に必要な書類は?
    確定申告は自分の所得を申告して税額を算出する作業です。従い、自分の所得を正確に把握できる資料を用意する必要がございます。
    J1ビザの方のほとんどは給与所得を受け取っているため、その証明書類であるW2が必要になります。
    W2は1月31日までに従業員に提出する義務があるため、雇用主から当該期日までに自宅に郵送されます。
    その他、配当所得、利子所得、不動産所得等で米国源泉のものがある場合、当該所得に関する資料も用意する必要がございます。



    ■配偶者及び子供のSSN/ITIN取得は必要?
    非居住者の申告においては、夫婦合算申告を行うことはできません。従い、配偶者の方が働いていない場合にはSSN/ITINを取得する必要はございません。
    また、非居住者の子供は、米国で生まれた場合以外SSN/ITINを行うことはできないため、追加で対応する必要はございません。



    ■申告対象の収入は?
    非居住者の申告対象の収入は米国源泉所得のみになります。すなわち、米国入国前の日本で稼得した収入や、米国入国後の日本における不動産収入は申告の対象外となります。



    ■非課税収入とは?
    上述の通り、J1ビザの研究者・教授職の方の場合、日米租税条約により、大学、学校その他の教育機関において教育又は研究を行った対価として貰った給与は、米国入国後最初の2年間は非課税収入となります。
    確定申告書上で申告義務はございますが、当該給与について課税されることはございません。
    但し、研究目的とは直接関係しない業務に対する対価については通常通り課税対象となります。



    ■3年目以降の確定申告は?

    J1ビザは通常短期間の研修や研究が想定されているため、3年目以降は上記最初の2年間の特例処置はなくなります。
    すなわち、他の居住者同様、Form 1040の提出が必要になります。
    居住者として扱われる事による大きな変化は米国源泉収入のみではなく、米国外収入にも課税される点です。
    しかし一方で、非居住者では得られなかった税的恩恵を得ることができます。

    非居住者として確定申告する場合、例え結婚していたとしても個々で確定申告を行う必要があり、また、標準控除(Standard Deduction)を適用することができません。
    一方、居住者として確定申告する場合、申告は夫婦合算で行え、また、標準控除 や扶養控除が使えるようになります。

    2019年度の場合、標準控除額は個人の場合$12,200、夫婦合算の場合は$24,400となります。
    仮に2019年度夫婦合算所得が$100,000だった場合、課税所得は$100,000から$24,400を引いた$75,600となります。
    標準控除の代わりに非居住者が使用する項目別控除 (Itemized Deduction)の場合、一番大きな要素は州税、市税の控除ですが、$10,000の上限があり標準控除よりも有利になるケースは非常に稀です。
    言い換えれば、標準控除額を適用することにより、一般的に課税所得が低くなり、結果、税額を減少させることができます。

    なお、夫婦合算申告をする場合、配偶者の方はSSN又はITIN(米個人納税者番号)を入手する必要があります。
    J1ビザの配偶者であるJ2ビザの場合、EAD(労働許可書)を移民局から入手すると、SSNを入手することができます。
    労働許可が必要がない場合、確定申告時にITINを申請致します。

    扶養控除は、主に子供がいらっしゃる方にとってお得な控除システムです。
    Child Tax Credit (CTC)とCredit for Other Dependents (COD)の2種類がございます。子供一人当たりCTCは最大$2,000、CODは$500の税額控除を受けることができます。
    但し、CTCの適用には子供がSSNを保持している必要があるため、通常米国生まれの子供を除き当該控除を適用することはできません。
    一方で、ITINは確定申告時に申請書類及び必要書類を提出すれば取得することができるため、CODはどなたでも通常取得することが可能です。



    注:州税(State Tax)の申告について

    上述の記載は全て連邦税(Federal Tax)に関する記載となっております。
    州税の取り扱いは各州の法律によって異なるため、お住まいの地域に合わせて専門家に相談する必要がございます。

    ...............................................................................

    J1 ビザ保有者(研究者、教授職)の税務について、少しはお分かりいただけましたでしょうか。

    アメリカの税務についてご質問がある場合やタックスリターンの作成サービスをご利用されたい方は、
    下記、お電話、または黄色の電話帳マークをクリックの上タウンガイドの【お問い合わせフォーム】よりお気軽に弊社までご連絡ください。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2019年12月24日(火)

    あなたの節税対策・タックスリターンの お悩みを解決いたします!

    タックスリターンの時期が近づいてきました。
    『あなたの節税対策・タックスリターンの』お悩みはTitisiyah(ティティシア)にお任せください!

    弊社はアメリカの会計法・税務法は、日本と比べると大変厳しく、
    これまで節税対策や確定申告でお悩みの多くの個人事業主様や個人の皆様のサポートをしてきました。
    良心的価格で、しっかりご相談、キッチリ節税いたします。

    こんなお悩みも是非ご相談ください!
    ------------------------------------
    「数年間タックスリターンをしていなかった」
    「確定申告はしたがIRSから手紙が来てどうしたらいいかわからない」など

    様々な複雑なケースにも対応していますので、まずはご相談ください。

    ======================

    >>初回無料相談<<

     323-952-3191
    email: tax-usa@outlook.comまで
    お気軽にお問い合わせ下さい。

    ======================

    【弊社をお選びいただく特徴とメリット】は会社名をクリックの上、『タウンガイド』ページより是非ご覧ください。

  • 1/1
  • 1